補数

基本情報

補数とは

「元の数」と「補数」を足した場合に桁上がりが発生する数のうち「最小」の数のことです。 この桁が上がり正しい表現ができないことを『桁あふれ』あるいは『オーバーフロー』と言います。
タイトルとURLをコピーしました