Macのターミナル使用方法とコマンド一覧

プログラミング

Macのターミナル使用方法

ターミナルとは

ターミナルとは、コマンドと呼ばれる命令文を用いてMacの操作や設定をおこなうためのツールです。

通常は利用する必要はありませんが、高度な設定をする場合や、Macでプログラミングをおこなう場合には必ずと言っていいほどターミナルを使います。
Windowsにおけるコマンドプロンプトと呼ばれているものとほぼ同じものです。
ターミナル上では、マウスやトラックパッドを用いて操作するのではなく、キーボードで「コマンド」と呼ばれる命令を入力することによって操作します。

よく使用するコマンドを、まとめていました。

コマンドを説明する前にディレクトリについて軽く説明をします。
ディレクトリ・・・フォルダのことです。
カレントディレクトリ・・・現在いるディレクトリのことです。
ホームディレクトリ・・・ターミナルを起動したときのデフォルトのディレクトリのことです。
ルートディレクトリ・・・一番上の階層のディレクトリをことです。

ディレクトリ

コマンド一覧

cd

カレントディレクトリにあるファイルに移動します。
「cd ディレクトリ名」と入力して実行します。

ls

カレントディレクトリにあるディレクトリやファイルを表示します。
このコマンドは「ls」のみで実行します。

隠しファイルとは通常では表示されないようになっているファイルやディレクトリのことです。

隠しファイルは重要なファイルをユーザーが勝手にいじってしまわないように、通常では表示されないようになっています。
隠しファイルは名前の前に「.(ドット)」がついているファイルやディレクトリになります。

mkdir

新しい空のディレクトリを作ります。

rm

ファイルを削除します。

rmコマンドは削除したファイルはゴミ箱には入らず、また警告等も出ませんので、十分注意して実行するようにしてください。
誤って重要なファイルを削除してしまった場合、コンピュータが起動しなくなる可能性もありますので、コマンドにあまり慣れていない人は、使わないでください。

mv

ファイルやディレクトリの名前を変更する場合や、移動する場合に使用します。

test1/というディレクトリが存在する場合は、test.htmlをtest1/の中へ移動します
test2.htmlというファイルが存在する場合で、かつtest.htmlがファイルの名前である場合は、test2.htmlへ上書き保存します
test2.htmlが存在しない場合には、test.htmlをtest2.htmlという名前に変更します

cp

ファイルをコピーします。

pwd

カレントディレクトリのパスを表示します。
このコマンドもlsと同様に、「pwd」のみで実行します。

clear

ターミナル画面をクリアし、表示された文字を全て消去します。
このコマンドは「clear」のみで実行できます。

実行した内容が取り消される訳ではありません。
画面をリセットし、一旦ターミナルを見やすくする場合に使用します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました