論理演算子〜Ruby入門〜

ruby-論理演算-Ruby

論理演算子

「a と bが等しい」且つ「c は dよりも大きい」など複数の状態が組み合わさって最終的にその式が true なのか false なのかを記述するには論理演算子を使います。

 

-条件分岐-論理演算子一覧

  • &&  :左部と右部がそれぞれ true であれば、 true を返却します。
  • ||    :左部、あるいは右部いずれかが true であれば、 true を返却します。
  • !   :true であれば、 False を返却します

and演算子

“True”を返却します。

 

or演算子

“True”を返却します。

 

not演算子

“False”を返却しま
す。

例)

(a && b) || (!a && !b)とすることでaとbがどちらもtrue、もしくはどちらもfalseのときに"True"と出力され、それ以外は"False"と出力されるようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3ステップでしっかり学ぶRuby入門 [ 竹馬力 ]
価格:2618円(税込、送料無料) (2021/2/7時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました