基本ソフトウェア〜基本情報技術者合格のための学習法〜

OS基本情報

基本ソフトウェア

基本ソフトウェアは、オペレーティングシステム(Operating System)略してOSと言われ、コンピュータ(ハードウェア)に動作を指示するソフトウェアです。これがないと、パソコンはただの箱で、何も動きません。

OSの役割

OSは「Operating System」の略で、直訳すると「操作するためのシステム」 となります。
OSの仕事は端末全体を管理、そして、制御することです。ユーザーがパソコンやスマートフォンをわかりやすく簡単で操作できるように、OSは重要な役割を果たしています。
簡単に言いますと、マウスでクリックしたり、キーボードで文字を入力したりする当り前の動作環境を提供するソフトウェアです。
つまり、OSがなかったら文字の入力もクリックもできません。パソコンを扱ううえでの絶対条件を整えてくれているソフトウェアで、基本ソフトウェアと呼ばれる理由です。

ソフトウェアの分類

ソフトウェアは大きく分けると「システムソフトウェア」「応用ソフトウェア」の2種類があります。

分類意味
基本ソフトウェア
(システムソフトウェア)
OSや言語プロセッサ、サービスプログラム、各種ツールなど
ミドルウェア
(システムソフトウェア)
データベース管理システムや通信管理システム、開発支援ソフトウェアなど
応用ソフトウェア
アプリケーションソフトウェア
各種アプリケーションソフトフェア(MicrosoftOfficeなど)

ミドルウェアは応用ソフトウェアから利用されるが、基本ソフトウェアが有していないものを、標準化されたインターフェースで応用ソフトウェアから利用できるようにしたものなどが該当します。

基本ソフトウェアの3種類のプログラム

基本ソフトウェアは、細かく分けると3つのプログラムに分かれます。

プログラム意味
制御プログラムコハードウェアを管理して、応用ソフトウェアやミドルウェアからの動作を制御するプログラムです。一般にこのプログラムのことをカーネル(kernel)と呼びます。
カーネルには、メモリ管理やプロセス管理などの機能に限定したマイクロカーネルと、多くの機能を網羅したものりシックカーネルがあります。
言語処理プログラム
言語プロセッサ
プログラミング言語で書かれたプログラムを、コンピュータが理解できる機械語に翻訳するプログラムです。
サービスプログラムコンピュータの機能を補う、補助的なプログラムのことで、ユーティリティとも呼ばれます。ファイル圧縮プログラムなどが該当します。

代表的なOS

パソコンで使われている代表的なOSとして、Windows・MacOSなどを紹介します。

名称説明
WindowsOSの中でも世界中で広く知られて使われているOSです。
ビル・ゲイツによって開発され1985年にMicrosoft社が発表しました。
パソコンのOSではシェア約90%を占めています。
macOS1984年にApple社が開発したOSです。
macOSはWindowsの次に世界で広く使われているOSです。MacOSは初めてGUIを搭載したOSとして登場し話題となったのです。
iOSApple社製のタブレット端末やスマートフォンで使われているOSです。直感的な操作で使いこなすことができるほど扱いやすいのが特徴です。
Android検索エンジンで有名なGoogle社が無償で提供しているOSです。
iOS以外のスマートフォンのOSは、ほぼこれ!といっても過言ではありません。

GUI(Graphical User Interface)

GUIとは、コンピュータへ出す命令や指示等を、ユーザーの使いやすさを重視し、アイコンやボタンなどを用いて直感的にわかりやすくコンピューターに指令を出せるようにしたユーザーインターフェースです。視覚的に操作ができます。

UI(User Interface)

GUIのUIとはUser(ユーザ)とコンピュータとの接点(Interface)が “UI” です。
パソコンの画面や、使いやすさのことを指します。
レイアウトや使用されている画像の他に、文字のフォント、メニューやボタンの操作性などユーザーが目にするもの・操作するものすべてが含まれています。

GUIの要素

アイコン、メニュー、ウィンドウ、ボタン、チェックボックス、ラジオボタン、テキストボックス、スクロールバーなどの要素があります。
GUIではキーボードに加えてマウスなどのポインティングデバイスやタッチパネルによって画面上に表示されたボタンを押して処理の選択をすることや、ドラッグアンドドロップでフォルダ間のデータを移動することなどが可能です。

GUIの歴史

1984年に誕生したアメリカのApple社の一般ユーザー向けパーソナル・コンピューター「Macintosh(マッキントッシュ:通称Mac)」に初めて本格的なGUIが標準搭載されたことにより注目を集めました。
それまでは、キーボード操作を通してのみ動かすことができたCUIという技術を使っていましたので、知識の少ない人には操作が難しかったので、広く一般の人にパソコンを普及することができないと判断したApple社はGUIベースのパソコンを開発したのです。
このようにして、コンピューターが身近な存在となり、現在のUIでは主流になっています。

CUI(Character-based User Interface)

CUIとはキーボードで文字だけで操作を行うUIです。
具体的には、WindowsのコマンドプロンプトやmacOSのターミナルなどの黒い画面にコマンド入力を行いコンピューターに指令を出します。
メモリーやストレージの消費も減らすこともできます。プログラミングのシーンではCUIで操作をする人も多いですが、知識がない人には操作が難しいです。

API(Application Programming Interface)

API

APIとは、プラットフォーム側の機能を外部から手軽に利用できるように提供する仕組みのことです。
よく使う機能がAPIとして用意されていれば、わざわざ一からプログラムを組む必要はありません。必要に応じてAPIを利用し、効率的に開発を進められます。
例えば、Google Map です。
地図を一から作成すると莫大な予算や時間がかかります。そこで、Googleが無償で提供してあるGoogle MapのAPIを使うことで、Webサイト上にGoogle Mapを簡単に表示できます。

APIを使用するメリット

APIを使うメリットは以下があります。

  • より多くの新しいサービスと開発できる

    自社サービスの機能をAPIとして公開することで、同じ特徴をもったサービスが開発しやすくなります。
    それによって、ある機能に特化させたり、さらに使いやすく一部の機能だけ改良することも可能です。
    その結果、より多くのサービスが生まれ、世の中が便利になっていきます。

  • データを二次利用できる

    複雑なプログラミングの場合、プログラムファイル同士の読み込み順番まで慎重に行わなければならず、開発の難度が一気に高くなってしまいます。
    他社のAPIを利用してアプリケーション開発を行えば複雑なプログラミング部分も省略可能です。
    開発になれていないエンジニアでも簡単にアプリケーション開発が可能になります。

  • セキュリティの向上やサービス利用者の利便性がアップする

    FacebookやTwitter、GoogleのAPIキーを取得することで、同じIDでログインを設定できたり、ユーザーが自社のアプリケーションを使うときの使い勝手を向上させることができます。
    つまり、一から会員登録システムを制作しなくても、FacebookやTwitter、Googleのセキュリティーレベルの高いシステムを使うことができ、自社のサービスのセキュリティを向上できます。

おすすめの書籍はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 令和03年 [ きたみりゅうじ ]
価格:2310円(税込、送料無料) (2021/2/5時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和03年 基本情報技術者 合格教本 [ 角谷一成+イエローテールコンピュータ ]
価格:1848円(税込、送料無料) (2021/2/5時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました